功 を 奏する。 「功を奏する」とは?意味や使い方を解説!

「功を奏す(こうをそうす)」の意味とは? 使い方や類義語などを解説

奏する 功 を

こちらも功を奏すると同じように、何かのおかげで物事が成功した、上手く行ったことを表します。 「彼は智将といわれているが、初めの戦いから功を奏するということではなかった。

3

功を奏する

奏する 功 を

この辞書によれば、「奏功」に比べて「奏効」は後出のもの、ということになるわけです。

13

「功を奏する」か「効を奏する」か

奏する 功 を

漢字表記にゆれがあるといっても、その一方が一般的であるということで解説のよりどころとすることができるものもある。

8

功を奏する

奏する 功 を

「効を奏する」と表す場合は注意 「功を奏する」の別表記に「効を奏する」がありますが、使用に注意しましょう。 では、古い辞書類はどうか。 。

9

「功を奏す」とは?意味や使い方を解説!

奏する 功 を

もちろんこれも、簡単に結論を出せる問題ではない。 逆にそれが 効を奏する気がしていた。

5

功を奏する

奏する 功 を

」 「功を成す」 「功を奏す」の類義語としては、「功を成す」もあります。 效を奏する。 「奏功」は、「奏」と「功」という漢字で成り立っています。