賃金 構造 基本 統計 調査。 労働関係統計資料/長野県

賃金構造基本統計調査 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 産業中分類

構造 調査 統計 賃金 基本

この調査結果は、企業、その他関係方面に高く評価され、管理をはじめとする等に広く利用されています。 2 20~24歳層を100とした年齢間格差を、5年前と比較すると、 30~59歳の各年齢層でおおむね拡大している。 業種分類名 業種の内訳 建設業 総合工事業、職別工事業、設備工事業 製造業 食料品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業、繊維工業、木材・木製品製造業、家具・装備品製造業、パルプ・紙・紙加工品製造業、印刷・同関連業、化学工業、石油製品・石炭製品製造業、プラスチック製品製造業、ゴム製品製造業、なめし革・同製品・毛皮製造業、窯業・土石製品製造業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、金属製品製造業、はん用機械器具製造業、生産用機械器具製造業、業務用機械器具製造業、電子部品・デバイス・電子回路製造業、電気機械器具製造業、情報通信機械器具製造業、輸送用機械器具製造業、その他の製造業 卸売業,小売業 各種商品卸売業、繊維・衣服等卸売業、飲食料品卸売業、建築材料,鉱物・金属材料等卸売業、機械器具卸売業、その他の卸売業、各種商品小売業、織物・衣服・身の回り品小売業、飲食料品小売業、機械器具小売業、その他の小売業、無店舗小売業 宿泊業,飲食サービス業 宿泊業、飲食店、持ち帰り・配達飲食サービス業 金融業,保険業 銀行業、協同組織金融業、貸金業,クレジットカード業等非預金信用機関、金融商品取引業,商品先物取引業、補助的金融業等、保険業 不動産業,物品賃貸業 不動産取引業、不動産賃貸業・管理業、物品賃貸業 電気・ガス・熱供給・水道業 電気業、ガス業、熱供給業、水道業 運輸業,郵便業 鉄道業、道路旅客運送業、道路貨物運送業、水運業、航空運輸業、倉庫業、運輸に附帯するサービス業、郵便業 情報通信業 通信業、放送業、情報サービス業、インターネット附随サービス業、映像・音声・文字情報制作業 医療,福祉 医療業、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業 学術研究,専門・技術サービス業、教育,学習支援業 学術・開発研究機関、専門サービス業、広告業、技術サービス業、学校教育、その他の教育,学習支援業 複合サービス事業 郵便局、協同組合 サービス業 洗濯・理容・美容・浴場業、その他の生活関連サービス業、娯楽業、廃棄物処理業、自動車整備業、機械等修理業、職業紹介・労働者派遣業、その他の事業サービス業、政治・経済・文化団体、宗教、その他のサービス業、分類不能の産業 農林水産・鉱業 農業、林業、漁業、水産養殖業、鉱業,採石業,砂利採取業• 平均給与 給与支給総額を給与所得者数で除したものである。

18

賃金構造基本統計調査 令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 産業中分類

構造 調査 統計 賃金 基本

長野県の最低賃金は 時間額849円(発効日:令和2年10月1日)です。 昭和29年分の調査から、統計法に基づく指定統計(第77号)となり、平成19年の統計法改正により、平成20年分の調査からは基幹統計とされている。 ただでさえ忙しい中、似たような調査やアンケートが嵐のように毎日来る中、調査は一切回答しないという方針を貫きたいと思っていますが、皆さんの中で、この調査を提出しないことでひどい目にあった人がいたら、アドバイスください。

賃金構造基本統計調査:職種別(一般労働者)|労働統計データ検索システムで提供していたデータ|労働政策研究・研修機構(JILPT)

構造 調査 統計 賃金 基本

これまで構造基本統計調査にご協力をいただいた事業所の皆様にお礼を申し上げるとともに、本年の調査につきましても、調査の趣旨、重要性をご理解いただき、何卒ご協力いただきますようお願い申し上げます。 4 オンライン調査関係• 用語 解説 事業所規模 各年12月31日現在の事業所の従事員数による区分である。

賃金構造基本統計調査:産業別(基本表)(一般労働者)|労働統計データ検索システムで提供していたデータ|労働政策研究・研修機構(JILPT)

構造 調査 統計 賃金 基本

みなさん、いつもお世話になります。 労働統計データ検索システムで提供していたデータをCSV形式で提供しています。 )であり、一般労働者とパート タイム労働者(同一企業の一般労働者より1日の所定労働時間又は1週 間の労働日数が少ない労働者)とに区分して集計している。

5

政府統計の総合窓口

構造 調査 統計 賃金 基本

3歳上昇し ている。 CSVファイル(コード付き)をご利用される場合は、こちらもあわせてご参照ください。

8

平成9年賃金構造基本統計調査結果速報

構造 調査 統計 賃金 基本

夏季一時金要求・妥結状況調査結果報告• 0900• )で、通勤手当等の非課税分は含まない。 第1段抽出:管轄国税局別に事業所規模により層別を行い、各抽出率に従い事業所を抽出。 )及び標本事業所に勤務する給与所得者(以下「標本給与所得者」という。

8

政府統計の総合窓口

構造 調査 統計 賃金 基本

1 この調査は、標本調査のため、標本事業所及び標本給与所得者から得た標本値に、それぞれの標本抽出率及び調査票の回収率の逆数を乗じて全体の給与所得者数、給与額及び源泉徴収税額を推計しているので、他の税務統計の関連数値とは一致しない。 例えば、複数の事業所から給与の支払を受けている個人が、それぞれの事業所で調査対象となる場合、複数の給与所得者として集計される。 平均年齢(単位:歳)、平均勤続年数(単位:年)• (電話 043-221-2328) 事業所の皆様へ この調査は、我が国のに関する基本的な統計調査の一つであり、のの実態を産業、地域、企業規模、の性、学歴、年齢、勤続年数等の別に明らかにすることを目的として、昭和23年以降毎年行っているものです。

20