花山院 の 出家 品詞 分解。 読解と文法・単語の両方が必要!大鏡「花山院の出家」で、実践練習2

大鏡『花山院の出家』品詞分解のみ(1)

品詞 出家 花山院 分解 の

係り結び。 神璽(しんし)・宝剣(ほうけん)わたりたまひぬるは」 と粟田殿(あわたどの)のさわがし申したまひけるは、 まだ帝出でさせおはしまさざりけるさきに、手づからとりて、春宮(とうぐう)の御方にわたしたてまつりたまひてければ、かへり入らせたまはむことはあるまじく思(おぼ)して、しか申させたまひけるとぞ。 なし =サ行四段動詞「成す・為す(なす)」の連用形、ならせる、変える、~にする。

大鏡花山院の出家で敬語と助動詞を詳しく説明おねがいします

品詞 出家 花山院 分解 の

神璽・宝剣も(すでに皇太子のもとに)お渡りになってしまいましたので。

大鏡『花山院の出家』品詞分解のみ(2)

品詞 出家 花山院 分解 の

訳:「お帰りになる (ような)こと」 こと =名詞 は =係助詞 ある =ラ変動詞「あり」の連体形 まじく =打消当然の助動詞「まじ」の連用形、接続は終止形(ラ変なら連体形) 思し =サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連用形。

8

大鏡『花山院の出家』品詞分解のみ(2)

品詞 出家 花山院 分解 の

おはしまさ =補助動詞サ行四段「おはします」の未然形、尊敬語。 粟田殿(=藤原道兼)からの敬意。 粟田殿(=藤原道兼)からの敬意。

8

大鏡『花山院の出家』解説・品詞分解(1)

品詞 出家 花山院 分解 の

動作の対象である花山院を敬っている。 このように、3種類の敬語を組み合わせて、1文の中で2者に対して敬意を表す表現方法です。 おそらく動作の対象である粟田殿(=藤原道兼)を敬っている。

10

【『花山天皇(花山院)の出家』あはれなることは~】敬語表現がめちゃくちゃ出てくるのでテスト前にしっかり確認しておこう!!

品詞 出家 花山院 分解 の

「給ふ」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である花山院を敬っている。 係助詞「か」を受けて連体形となっている。

1

大鏡「花山院の出家」原文と現代語訳・解説・問題|花山天皇の出家・花山院の退位

品詞 出家 花山院 分解 の

おそらく動作の主体である神璽と宝剣を敬っている。

17

大鏡「花山院の出家」原文と現代語訳・解説・問題|花山天皇の出家・花山院の退位

品詞 出家 花山院 分解 の

「もし、おして人などやなし奉る」 です。 過去の助動詞の「き」は直接経験といいますが、確信のあること、自信のあることにつけます。

大鏡『花山院の出家』解説・品詞分解(1)

品詞 出家 花山院 分解 の

寛和二年丙犬の年の六月二十二日の夜、驚きあきれてしまいましたことには、(花山院は)誰にもお知らせにならないで、 みそかに 花 はな 山 やま 寺 でら に おはしまして、御出家入道 せ させ 給へ り し こそ。 て =接続助詞 歩み出でさせ給ふほどに、 弘 こ 徽 き 殿 でん の 女 にょう 御 ご の御 文 ふみ の、日ごろ破り残して御身も放たず 御覧じけるを思し召し出でて、 歩き出しなさるうちに、弘徽殿の女御の御手紙で、普段破り捨てないで御身から離さずご覧になっていた手紙を思い出しなさって、 しばし =副詞 と =格助詞 て =接続助詞 取り =ラ行四段動詞「取る」の連用形 に =格助詞 入り =ラ行四段動詞「入る」の連用形 おはしまし =補助動詞サ行四段「おはします」の連用形、尊敬語。 答え:月が明るくてあまりに目立ち過ぎること。